ワタシの大工さん。

2013.10.30 Wednesday 20:32
 
 

 

 


私の 好キ-! ナ 場所。、。


父親がムカシ、木造大工。
今は 型枠大工。

ゴ縁あって たっくさんの大工さんや
建築に関わる職人さんに
幼い頃から 出逢えました。



つい、 今さっき。、
親と同郷の大工さんが亡くなられたことを
両親から聞きました。


ずっとずっと
ちっさい頃から
知ってた キメテる素敵カッチョいい  トヨナガさん。

私が花屋を自身で始めた頃から
大人になって時々しか会えなかったけど
会う度に
声を掛けてくださって
 花屋のことを聞いてくださった。


それはさ、
普段みんなと話するような やりとりじゃなくって

なんて言ったらいいか表現できないけど

男気ある 本当に
職人気質てきで...。。、
かちっとキめていて。

「おぅおおー!! がんばってるか!?」って
「とーちゃん キョウはいないのか!?
 オマエ 大丈夫かっー!?、」って

もう 時々しか会えなかったけど
個人的に大好きナ方でした。



もう ダイブの昔ムカシ、
私は幸せなコトに バブルな時を少し経験できました。

20歳の誕生日、
いっぱいの職人さん、
大工さんが祝ってくださったこと、

今も昔だけど
すぐサッキのように思い出します。、


ひとつのカトレアのお祝い花。


ものすっごい個人的だけどさ
今は もう ないけど

時々 今も 思い出す あの花姿。



今日 あらためて。。





長崎県雲仙市/フラワーガーデン寺尾さんへ。

2012.06.20 Wednesday 23:56
 
奏でるメロディのよに…
 冬から春にかけて素敵ナ線を描く小花、
 スカビオサという名の花を。

 長崎県雲仙市愛野町から
  関東のイチバさん等、
出荷されていらっしゃるツクリテさんへ。


  ワハ♪
セリニンさんへ無謀にも お願い致しまして
 かなうとは思ってもいなかったので
ビックリ!で イソイソと計画を。(笑
   本気で嬉しかった 今回、田舎へ帰ル旅、
メインなイベント。





熊本港、フェリーに乗るばーい(目指すは島原外港へ)
「熊本港から島原へフェリーへ乗るの図」



事前ではございますが… ブ。
  今回の日記は いつもながらの
 文章を簡潔にまとめられない件により、、
  ダラダラと…
  いつもの思うがママのブログです。
写真は全21枚。



船に乗船中、外に出てみたの図、
「フェリー内にて(熊本港〜島原外港)」




千葉で予定を立ててる時、
 何度となく 熊本から長崎への地図を
  見るわけではございますが…

ナンセ「???」で。 ^^;


長崎市内?かな?、一度のみ
 修学旅行で。


私のイナカは熊本といっても
 宮崎と鹿児島の境目ラヘンなので
 空港も鹿児島空港が便利なワケで
 熊本市内とかへ向かうのは…
  車で 約1時間半以上かかってしまう。



ばあちゃんやみよちゃんへ
 電話で聞いても「??」で…

逆に
そんなところへいけるワケがないと
 ハンタイされていた事実、
イナカへ到着して
 いざ 前日 ばあちゃんとみよちゃんと
 喧嘩になったワケです。 (爆 ^^





フラワーガーデン寺尾さん(生産者サン)@長崎市雲仙市愛野町
「フラワーガーデン寺尾さんにて寺尾さんとジニアの姿」



そんな私に(笑
 ひとりで行けよーもんがな!!!!!
  ばあちゃん、みよちゃん。

みんながそんなに外へ出たこともないコトから
  もちろん車にナビがあるわけがない。

しまいには…、


「おまえが ヒトリ行こうたって
 喋られんクセに
   そんなちっさな花屋が行ってどーすっと!!?」


「見たってわからんどもー!!
 迷惑なだけじゃなかっと!?
  ワガママばかりいうナ!」



ヒサカタヴリ会うっていうのにさ、
 大喧嘩勃発。、
  、


おっしゃる通りかもで
  通りでしょう、、

「ア」も出なくなった私は


「なんも知らんばい、!
  分かってる! ただ ただ
  そこを見たいだけじゃダメなの…?
どしても 変な奴の姿ば見たかっと!
ドシテモ行きたい!、モ 決めたと。」



   一同 沈黙… 、


ヒトリじゃいかせん〜、、
 伯母が一緒に行ってくれることにより解決、

田舎の家族総出、
 ばあちゃん、みよちゃん、叔父、ゆいこさん、、
みんなで 地図をにらっめこしたり、
 長崎の知人へ電話してくれたりと
  行き方や所要時間を検討の前日。
    (笑


当初、時間配分が出来ず
 夜中に出れば いいんじゃないか?って

なんとなく地理が分かり始めた私は
 5時に起きれば よいんじゃないかな?って


   日頃の私を知らないばあちゃんは
 とても 心配だったらしい、、?

 当日、帰ってくるのを
 ずっと ずっと 待っててくれた。。




素敵ジニアがいっぱいだった。@フラワーガーデン寺尾さんにて
「素敵ちっくなジニア」



ナンノコトカ!?、 (笑
 予定より ものすっごく早くに熊本港へついた。
家族みんなに すぐ連絡。

     ブ。



10時にもならない
 9時15分ちょい過ぎ。


みよちゃんば助手席へ
 iphoneのナビを頼りに
  途中、大好きなサービスエリアによりつつの
 熊本港、目指して。


着けたコトに互いに感動しっぱなし!、


 フェリーで来ることを知って 
時間も未定のまま…(汗 だったのに
ご迷惑ばかりを…、、、

 島原にも農場があること、
案内して頂けるとのことの嬉しさで
島原外港まで来て下さいました。
 (アリガトウゴザイマシタ!)



高速フェリーで30分、

そこから大分走って
 到着。


なんか ホント 感動でした!



@長崎 フラワーガーデン寺尾さんにて
「フラワーガーデン寺尾さんにて@長崎県雲仙市」




お忙しい中、
  そして 暑かったその日、、

   次回は 冬に来てね!って
 季節はずれてきに
  訪ねた 私。。、



本来、
  ここのブログで
 ご紹介してますように
  ホントにさ、
素敵スカビオサのツクリテさんでいらっしゃることは
 ご存知の方々がたくさんいらしゃって…



モ 本当 終わり寸前の
 スカビオサのハウスを
  「本当は見せたくないけど…」 って

  それでも 見せてくださった
 ツクリテさんでした。。


イマ時期は
 ひまわりいっぱい、
マリゴールドや
 写真のジニア等

 沢山のハウスに
 素敵旅立とうする花々が。




ジニア、育つ姿を。 本当にホレボレしました。
「ジニアの個性ある素敵すぎ色にホント伯母と一緒に感動」



実際、、
  私自身も、、
  例えば キッタナイ店の奥、、見せるの
  イヤですもん…。、、


  こうして
   案内していただけましたコト、
  心より嬉しく…
  嬉しく…!
  




ジニア、写真では伝わらないほどの素敵色@長崎県雲仙市/フラワーガーデン寺尾さんにて。
「ジニア。 フラワーガーデン寺尾さんにて」




なにより
  こうして 受け入れてくださったコトに
  深く ふかく… 感謝いたします。




ジニア咲く、その花姿を@長崎県雲仙市にて



ジニア



マリーゴールド@長崎県雲仙市にて
「マリーゴールド(やっぱりすき、、この香り)」



フラワーガーデン寺尾さんにて/花屋空に花束
「ジニア」



スカビオサ(変な奴)@会えて幸せ!/千葉県柏市花屋 空に花束
「スカビオサ(変な奴)」




フラワーガーデン寺尾さんご夫妻さん
「寺尾ご夫妻さん(スカビオサハウスを案内してくださって)」




はじめ ね、、
 なかなか 写真を撮ってよいですか?って
  聞けなくって(笑


島原の農場ではひまわりが育っていたのに
  撮れなかったんです…。   ブ。





昼食を頂きました!私は皿うどん☆
「お昼、寺尾さんご夫妻さん」




途中、
  お昼を。


ワタクシ、
  皿うどんば 



長崎、皿うどん
「もりもりだよ♪」




なんか ホント
  おいしかったんです、

伯母と二人で
  家 到着の際、
  やっぱり違うネ!って ^^。



フラワーガーデン寺尾さんの/長崎県のアカシアを。
「アカシア」




その後、

 天草に行こう計画は
  伯母と(みよちゃん)私の
  だれだれ具合により
 フタリ 意見一致の(笑

  そのまま 帰りのフェリーへ向かいました。


フェリーに乗るまでの一時間ちょこっと

 お土産屋さんを ふらりふらり、

  来れてよかったね☆って
 みよちゃんが

初めて見た ツクリテさんに
 感動しっぱなしの会話だった。。




帰り道に。
「途中、島原外港までの帰り道にて」





フラワーガーデン寺尾さん@長崎県雲仙市愛野町へ訪ねました/柏市 花屋/空に花田b
「フラワーガーデン寺尾さんにて(ハウスを見学後)」





今回、


  寺尾さん イロイロなコトをお話して下さる中、

  鹿児島弁?の会話に
  なんだか とても 心穏やかに
  慣れ親しんだ。。。と 申しますか…、


なんだかね、
 心 こそばゆい嬉しさと言うか…、

   ホント 来れてよかったなーー!って。






帰り、島原外港到着。
「帰り、島原外港にて」





きっときっと
 私自身、、なかなか 行動できないから…



   今回 このような機会を
  くださいましたコト、



ホント 本当に感謝で



直接 お会いできることが



ホントにさ、、なんか さ、、

  嬉しいンだよね  





本当にまたいつのいつの日か、ここへ訪ねられますことを。






だからね、


  無理やりにでも
   今回 熊本へ帰ろうって思った自身にも




    ありがとう ヲ。


     イヒ!







ありがとうございました!


 

-------------------------------
現在まで 訪ねさせて頂いたツクリテの方を訪ねた時の記事をリンクしました。

2007年4月「夢の国。」(神奈川編)
2007年6月「生きること。」(新潟編)
2008年1月「バラいっぱい。ダルマいっぱい。」(神奈川県編)
2008年4月「千葉県 三宅花卉園さん」
2009年5月「花ト人ト幸せヲ。」(千葉県 金井園芸さん編)
2009年6月「千葉県 スキ。」(千葉県南房総編)
2010年3月「八木薔薇園さんにて。」(静岡県)









  



   







      
















 

スモークツリーを見上げてみて。

2011.06.13 Monday 00:13


スモークツリーを見上げて。
「大きなおっきな スモークツリーを見上げて」





10メーター以上のスモークツリー。


優しげな フワモコ、
風にふわり、揺れる姿を見るとさ、、
ナンデカナ??、、
やけに ココロ しっとり落ち着くの。。。


切花以外で2度目かな、、
見上げて 感動した。




しかもね、、、

店近くで。






大きな樹。スモークツリー






一度目、

初めて見上げたスモークツリーは…、、




何年も前に
新潟へ 
空花号と共に一泊で旅した道のりだったコト、、
この煙の木、見上げて 思い出したんだ。




幸せな機会を以前、頂いてね、、、
ユリのツクリテさんと
バラのツクリテさんを訪ねさせていただいた あの日。


道の途中でさ
見つけて…


車を停車して 撮ったことのある、スモークツリー。







煙の木。






田んぼ挟んで道の右側にね、



小雨に咲く 煙の木を。





がっつり
ものすっごく


感動したんだ、、、、 あの日。



ト、

同時に 
自身のあの頃の違うコトも思い出したりで

^^;










叶う、 叶えること、、
実際に行動へ移せることが 難しくなった今、、
なんでかは ナンデダロ、、なんだけどね…、、、
(苦笑


そういう 時間がない 「セイ」に してる自分も、、
どうなんだろか、と  思う、、、、けれど…。。





また




どこかへ 訪ねたい。。
な…




意味もなく  …、、
イミなんて なくて いいんだ、、ょ?。


写真ヲ 撮りたいっ…!!

ううん、、

あのレンズ越しに
ただ 単に 眺めていたいだけ。





その 場所の


その イゴゴチ、
今ここに「在る、
自身のみが 感じるコト、できる 今ヲ。、。



ワハ。







「you tubeから Drifter/Krinjiより」


URLはユーなチューブより、↓↓↓
「Drifter」。


↑ 
携帯からじゃミレナイよ、、と
URLを〜と ご希望下ったので 改めてリンクを ^^


ブ。




片桐花卉園さんのお花。

2010.11.06 Saturday 23:35


アルストロメリア おぼろ月@花屋 空に花束
アルストロメリア「おぼろ月」





この加減?の写真が
ぴったりだなぁ…
って
(自己満足)



ぼやけ加減の写真。




そうなんです、
前回ブログで触れた、
台風が来るぞ!
って 雨の中、訪ねてくださった
お花の生産者さん、
信州 片桐花卉園さんが
お店に訪ねてくださいました。



はじめ、電話をくださって。。。


それは もう
ビックリウレシで。。



変かもだけど
生産者さんが
訪ねてくださるって

まるで
芸能人さんへ
会えるかのようなウレシさなんです。


ブ。






アルストロメリア八重咲き プロージョン@柏市花屋 空に花束
アルストロメリア プロージョン(信州 片桐花卉園サン)






でも、、、
ワタシのオミセって
ホント 恥ずかしいので
落ちこんだりするのですが…。
(笑




このアルストロメリアは
お客さんがみなさんビックリされました。

ワタシもビックリ!


この写真のアルストロメリアが
一番中心が素敵キレイ!だったよに思います。

中心がね、
セルリアってオハナを思いだしました。






はつしも
ハツシモ(信州 片桐花卉園さん)




こちらは
グリーン。



微妙な色のグラデーションが
とても好きで…


出始め頃?の花がついたものは
ホントに素敵です。

葉が大好き!





ハツシモ「夕日」 とってもキレイ!
ハツシモ「夕日」




名前が
夕日。



いいねーいいねー
って

絶えず ヒトリゴト。


ブ。





ほんのちょこっとの時間でしたが
ツクリテの方に
会えるって
勇気や元気を
いただけます。



一瞬でも
お会いできたことによって

やっぱり


なにかが
違うと思うし
思った。




こんな場所へ

訪ねてきてくださり
本当に
嬉しかったです!


ありがとうございます!!!









そして今日の最後の一枚は。。
こちらも
偶然に撮れた
ぼやけた写真、
ダイヤモンドリリー
(アカムラサキローズに名前がなってた)
「横山ナーセリーさん」



横山ナーセリーさんのダイヤモンドリリーです。

なんか
自己満足ばかりだけど(汗


お気に入りの写真でした。








八木薔薇園さんにて。

2010.03.06 Saturday 23:59


静岡県菊川、八木薔薇園さんの空の下で。
八木薔薇園さんの空の下。




こんばんワ。
今回、生産者さんを訪ねて企画、
最後に訪ねた 静岡、八木薔薇園さん。

くどく…(笑) 3回目、先輩花屋さんの金魚のナントカのように。




遠州夢咲 八木薔薇園さんについに来れた!! 嬉しい☆






やっと やっと 来れた場所、


ずっとずっと 個人的に行きたかった薔薇園さんでもありました。


何故って
現在ではなかなか お店に連れて帰れないのだけど
白・グリーンバラのヤギグリーン、
バニラ色のジュークが大好きで
ブーケ等でお世話になっていたりして


イツカ、イツノヒカ〜
行きたい!!! と思っていたバラ園さんです。


何がどうしても そんな機会は滅多にないだろうって^^




案内してくださったのは息子さん。
案内してくださった 息子さんデス







先日のいつかの日、
市場へ行ったらば 静岡にてバラ、スイトピーを作られている方々が
花を飾り、いらっしゃっていたんです。

『これはー☆ これは〜☆』
って


もしかしたらば ヤギグリーンの方が??
って わくわくしてしまいまして
個人的思いで 一度でよいから会いたくって。

でも こうなんだか 沢山の人がいらっしゃるなか、
なかなか…なかなか…分かるはずもなく、
聞けるはずもなく…。

何度か その場所へ行ってみるも
勇気が出ず また戻り〜の繰り返しでして(笑




フイと最初のハウスに入った時に目に入った薔薇! 一画にぽつんと咲いていたバラ。なんだか泣きそうになった^^
一画で咲き誇っていたバラを。






そんな何回も通って見た時の最後、
お友達先輩花屋さんが 一人の方と話してるのを見かけまして

「これは 聞くチャンスだと 笑」

お友達花屋さんに
「ヤギサンって来てるんですか〜?」と質問したらば
お友達花屋さんが話していらっしゃる方が
ヤギさん…だったんです!!




それは もう!
心の中でですが ぶ。

「やっと 会えた〜っ!!!」
って 大のハシャギぶり、
あっ、 心の中でデス。



「行ってもいいですか?」なんて
唐突に言ってみたりで (汗



そんなこんなで
それから 数日後に叶ったんです。





そうです、これがクレールビジュー!! 八木バラ園さんオリジナル。…確か…(笑
はじっちょに^^ クレールビジュー。






どうして 会いたいの?
って 思うかもしれません、


ただ 一目だけでも
会ってみたい! って 思う。
バラに限らず、それぞれの花を作っておられる方に、
緊張して 自分からは全く話せないけれど


会えるだけでもよいんです、
「その花」を作っている「ヒト」に会ってみたい。


ただ それだけ … なんです。(汗





お店でひそやかな人気のクレールビジューです^^






気の利いた質問も会話も自分から出来ないし答えられないけれど(汗
自分勝手なモウソウでもいい、
ヒトコト フタコト 話しただけでも
ほんのちょこっとすぎだけれど
ツクリテの方の表情や気持ちを知りたいと。


細かな知識や技術も当たり前なのかもだけど
その花を作った そのヒトを 知りたいって いつも思う。


だから… 会ってみたいって。








お馴染みの箱を目にした、





ハウスを見学後、
見ることができた おじいちゃん。^^
(勝手に おじいちゃんと これまた心内で呼んでおります)




ぱたん ぱたん って
心地よいリズムで 見慣れた箱を作ってる、

大きな手をしてた


大きな手が やけに目について。


なんだかよく分からないけど 泣きそになった 
ぶ。




おじいちゃんがね、ぱたん ぱたんと よいリズムで作り上げてくバラを入れる箱。





箱を作って

紐を通して



ある程度 箱ができたら
ハンコを ひとつひとつの箱に押してゆく。




おじいちゃんはね
ひたすら ぱたん ぱたんと作っていくんだよ。




勝手におじいちゃん、だなんて 呼んでしまっているけれど


なんだろ、わかんない…、、
わからないけど






わぉ!っと嬉しくなってしまった、八木薔薇園さんのロゴなんだ!?♪





来れて。


このような機会をもらって
本当 良かった


って 


おじいちゃんに会えてよかった。








やっぱり好き、こういう(?)バラ。 くっさいかもだけど『命』を感じるんです。 八木薔薇園さん、ありがとうございました!!







私は


おじいちゃんに会えて
とても嬉しかったです。




もちろん 選び抜かれてやってきた
店先に並んでいる花も好きだよ。



だけど。
だけどね、


個人的勝手な想像の上、モウソウだけど


その花がすきだよ。
とても とても。




いのちある 花 で
いのちひきつぐ 花 だから。





ぶ。





-------------------------------
現在まで 訪ねさせて頂いたツクリテの方を訪ねた時の記事をリンクしました。

2007年4月「夢の国。」(神奈川編)
2007年6月「生きること。」(新潟編)
2008年1月「バラいっぱい。ダルマいっぱい。」(神奈川県編)
2008年4月「千葉県 三宅花卉園さん」
2009年5月「花ト人ト幸せヲ。」(千葉県 金井園芸さん編)
2009年6月「千葉県 スキ。」(千葉県南房総編)











安間バラ園さんにて。

2010.03.04 Thursday 22:27


静岡県、安間バラ園さん。







先日、行ってきました。





こんばんは。
戻りに戻って
先日 先輩花屋さんの金魚のナントカで
訪ねることが出来た バラ園さん、
静岡県にてバラを作っていらっしゃる
安間バラ園さん。






岩倉農園さんにて。

2010.02.27 Saturday 22:41


岩倉農園さん@静岡にて
観葉植物のツクリテさん 岩倉農園さん@静岡にて



一昨日、静岡へツクリテさんを訪ねに
先輩花屋さんの金魚のナントカのように(笑
連れてってもらいました^^



3箇所のツクリテさんを訪ねに
観葉植物を作っていらっしゃる岩倉農園さん、
2箇所は 切花、バラを作られていらっしゃる方々です。
ひとつずつ 残せたらナ…と日記に。






作り手の方。 第一印象で職人!って思いました。
ツクリテ。





私、、 初めて鉢の生産者さんのトコへ訪ねるコトできました。
ハウスへ入った時、
本当 ホント 「圧巻!」って単語が心過ぎりました。


写真だって 伝わらないよね、
その実際の場所。
壊われかけカメラで 若干ヒッシに撮ってみた。ププ。
カメラね、
ピンと合わす前に勝手にすぐシャッターを切ってしまう、
すてきカメラばい。(笑





クロトン鉢@岩倉農園さん。
クロトン





わぁーっ わぁーっ!!♪



ココロん中 「サケビマクリ」
でしたヨ。

ぶ。








千葉県 スキ。

2009.06.09 Tuesday 23:22

赤坂にスタンド花お届け後。
赤坂へ お花をお届け








一泊の2日で
千葉県南房総へ
いってきた。





身の回りのもの、
とりあえず持って
持って ダイジョウブ?
むかう。






海でフタリでタソガレました。
タソガレ てみる。





お友達に会いに。


南房総へ。
幼稚園へのお花のお届け後、
千鳥町から高速へ。





いっぱいお世話になりました

方がイラッシャイマスデス。
ヨウコサン。






海へ
連れていってくれた

ぼんやり

二人で写真を撮り
ぼんやり
ふたり 海を眺め

せっかくの海を背に(笑


話し込む。



海見えるカフェで
ゴハン食べて
眠くなるねって
海の音聴きながら

ふたり
ぼんやり
それぞれの想いにふけったりで 


ブ。





ありがとう。 いっぱいお世話になりました、またホント遊ぼうね♪






海の音、聴きながら

ボケーしながら
二人、タソガレ。
(笑






松本華園サン 奥さんのようこさん、大変お世話になりました♪
@松本華園サン。






いっぱい いっぱい
お世話になりました。


なのに

肝心な写真、、、
撮りわすれ
悔やむ。





私が訪ねた今日は

モ 終わっていて

その後のハウスの姿でしたが


ステキハナ 発見。





ホントお世話になりっぱなしの
一泊2日デシタ。








初日、

お忙しい中も我勝手に
訪ねさせていただいた順番に
ハナ ツクル ヒト
紹介いたしますです。







@青木園芸サン ホント 親切に説明してくださいました。
@青木園芸サン








親切に
ホント お話してくださいました。



いっぱいのアジサイ、

アジサイの色、
アジサイを作るまで
色の変る季節、、



なんででしょうね、、
セレブになった気分 (笑



最初は驚き ウレシでいっぱいだったのに
最後は「アジサイ」を見慣れてしまう自分がいた。






沢山の紫陽花に…セレブになった気分(笑






私、
何もしりません。



でも
違うんだよ、
すぐそこに咲く、
咲き誇るアジサイとは。



アンティークな色、
フレッシュな冴えるような色


何を思い
何を投げかけ

ひとつの花になるのか。



私は 
たった一日の数時間で
ほんのちょこっとフイっとみただけ。



出る言葉は 「キレイ」。




それでも いいんじゃない?



その感動をそのまま伝えればいい、


そうそう、
伝わるヒトへ。






日々 色変るアジサイを
見守り
タイミングを逃さず。




移り変わりゆく その色が


フイとその一瞬
どこかのお花屋さんで出会えるかも。




そう思うと
ドキドキした、



沢山とある
それぞれの色が


どこかの

店先を飾る。








私、個人的一番のお気に入り、アレ、、二番目カナ… 組み合わせの想像をしてしまいました…
一番想像してしまったアジサイ。






やわらく 花先がやさしい。


組み合わせを自分なりに
想像したアジサイ。




かわいいんだよ、
微妙な色のグラデーションンが
色々な表情を見せてくれる。


ような 気 する。



エラソに
創造してワクワクしてしまった。









@青木園芸サン ブラックベリーの花だよ♪ かわいい。 ね。
ブラックベリーの花@青木園芸サン







色々な思いや気持ちがあって


タブン…

はじめて 花屋の店先に
それぞれの花がある。




なんにも知らない私 ではあるけれど

その ほんの少し
見てきたことを
話したい。



この花はね、
あの花はねって



自己満足にすぎないけど。



話したい。


(笑







@金井園芸サン 到着が遅く 終わってしまった後でした。アハ
@金井園芸サン








到着がとても遅く
見ることの出来ない、
花屋サンに並ぶことのない花を。


見ることできた。








ヒマワリのつぼみ。 @金井園芸サン






どしてだろうね、
こんなに優しく チカラ強く咲いてる花。





選び抜かれて

抜かれた花が



はじめて


あなたと出会います。





ニャハ。








金井サン。 見てるかな、、ハナヒヨちゃん…
@金井サン







私のお店、

キラキラがとっても人気だったりして


そうなんです、

キラキラツクリビト。
の方です。








ラムズイヤーの花、、大好き。@早坂園芸サン
@早坂園芸サン







ニカッ と笑って
花を摘む。





私の勝手ワガママな希望に
快く ニカッとしてくださった
トシさん。





写真、、許可くださいました。

ラーン。






ハナ、ツクリビト。 







パチン パチン とハサミの音。



プロが選ぶ ステキ花姿。









早坂園芸サン、トシサン。 ありがとうございました!







ニカッと笑う



花 作り人。








@折原園芸サン ヒマワリ。 これから。
@折原園芸サン







最後、遅くに訪ねさせていただきました。





ヒマワリ ヒマワリ ヒマワリ。



ヒマワリ イッパイ です!






ちなみに ミントもいっぱい。






沢山の場所に
車で移動、


山走り

すっぱい自然のみかんを
何気に食す






車で移動、案内してくださいました @折原園芸サン











南房総にて。









も、ハーブいっぱい!!!
@折原園芸サン








花、作る人。



見たい ナ?



ナンテサ
思ったことありませんか?



店先を飾る花みて。







ツクリテ。 折原園芸サン。







どんな方が


何を思い



作っているのか、






フイッ と


思ったこと、、、




ナイデスカ?








私 アリマス。

(笑)









ほんの その
数十秒の


その一瞬、

しか

見ていない。





けども。





自分のもつ
感覚で



ひとつの花を




伝えたい。






せっかくの


花 だから。





その 在る 意味、

それぞれ思う、
意味を忘れず




自己満足であっても





ひとつの「花」 を




わたしなりに
カタチにできたら イイナ

とことん 気がすむまで
「理想」をおいかけても
よいんじゃないか。


と。






思いました。







くじけても。

また 空をみて。






松本華園さん、ようこさん。



ありがとう。











生きること。

2007.07.02 Monday 21:01
新潟魚沼。 すずきさんのナルコ
デジカメにて。



2007年6月30日〜7月1日、
新潟県にて 花を作られておられる
生産者さんのところへ。

「新潟県魚沼市 ユリの生産者さん すずきさん」 「新潟県新発田市 バラの生産者さん 花プラン とがしさん」


出発当日 急な用事ができ 行きは首都高速、新潟への乗りだしは圏央道鶴ヶ島から。
千葉県柏市、常磐道柏インターから外環道〜関越道〜北陸道の道のり。
合計走行距離 881.8キロの旅になりました。

運転に必死で 寄り道はできませんでした。(汗
帰りは帰りでホッとしたのと 母からの何回もの連絡で
いつも以上に気をつけながらの帰り道。
 「今朝 榊をとりかえようとしたら 榊用の花瓶が割れた…
   だから お願い。 本当に気をつけて帰ってきてね…」
そんなこと 聞いたので不安にもなり
ほとんどのサービスエリアやパーキングエリアに寄り休みながら
目がシバシバで どうにもダメでした。 (笑
結果 関越道中里サービスエリアにて… 寝ました。 ぶ。


長い距離を 車で一人旅したのは初めてでした。
休憩はこまめに。(笑
変わりゆく風景を見ながら(脇見運転はいけません)
色々なことを考える時間でもありました。

このような機会をくださった
すずきさん とがしさん。 本当にありがとうございました!

そして 写真のこと。
ちょこっとプレッシャーな。(笑
新しいカメラをもっての旅。
オリンパスのE-510というカメラを思い立って…
前日 バタバタしており 説明書も読まずに・持たずに、
????? な状態での思い出写真です。
すずきさん、とがしさんに教えていただきました。ぶ。
いきなり フラッシュが飛び出たりと… 
どっちのレンズを使えばいいのか分からなかったりと
お世話になりっぱなしでした…
カメラを持った当日にCFカード(1G)のみだったので
2日目、画像設定をよくしていた為 メモリーが足りなってしまいました。

とがしさんのパソコンへ画像を移していただき…
本当… お世話になりすぎの旅となりました。(汗

ご紹介している写真は 全て画像編集(トリミングや色合い)をしていません。
サイズのみ 小さくしたのと 名前を入れました。

--------------------------------------------------------------------------

その 考える時間であった 内容を
上手にお伝えできるかは とても不安ではありますが、
残しておきたいと思います。
長くなりますが もし よろしければ 見てください...
(選び抜きましたが… それでも多い枚数の写真をお許しを)



行きの中里パーキングエリアにて
行きのサービスエリアにて。 出発しての初めてのE-510写真。



生きること。
ゆりに会えました。



生きていくこと。



いきるため
こちらナルコランの数枚の写真。
ここへ来て 見て…


風のように
先日 携帯からお伝えしたこと、



笑ってるよね。?
笑っているように。
クサクサだけど ホントに思った。



いきていこう、
ユリの葉、



咲き誇ろう、
ユリのツボミ、



いつの日か届く きみのところへ。
初めて。
根がついている 姿を 本当.. 初めて見れたこと。

人も花も葉も空や水、
生きていることは 当たり前だけれど。
生きて 「いくこと」生き「ぬくこと」生き「続けること」
とても 感じたことでした。

辺り一面は これから皆さんの元へ 届くだろう花達がたくさん。
私は 初めて目にしたことなので
その場所が とても信じられない 風景でした。

辺り一面に これから届くだろうユリやナルコがいっぱい。



ありがとうございました!
ありがとうございました!




新潟県新発田市 花プランさん。
2日目、午前中 花プランさんへ。



カエルとイヴピアッチェ



小さく見えるは… とがしさん。 ありがとうございます。
ありがとうございました!



いきること。
光の調整の仕方を教えていただき…
確か… +0.7あげたと思う。



見えない場所で咲き誇るバラ
こちらは +1.5かな…
なんだか キラキラきれいだな…



♪。
こちら 戻した状態。



生き抜くこと。
いつの日か 会おうと
がんばってる。



生きるために。
キレイになるために。
生きぬくために。
大きくなろうと…



いきてみよう。
見えない場所で 咲き誇る花も。



ひっそりと。
隠れているみたい。 (笑



一緒に。 ♪
ぶ。



ありがとう。 をいっぱい。
生きようって 。



ユリやバラに会い。
作られておられる人に会い。


何十年もされてきた 場所を ほんの数時間、
お邪魔しただけなので
なんにも 本当は理解していない。 のだろうと 思います。
ほんの小さな一瞬を見ただけです。
まともにお話もできないので(汗

個人的に思ったこと。
花屋ではなく 人として思ったことがたくさんでした。


花屋さんに花が並ぶまで、
花束やアレンジメントになるまで
とっても長い道のりがあること。

当たり前ですが… (汗

小さな葉ができるまで、
花束の中のアクセントやアレンジの中のひとつになるまで
何年とかかって やっとこさ 皆さんに届くこと。

そのキレイな葉になるまで
あのキレイな一輪になるまで
花として 葉として 咲き誇ろうとしている花や葉は
皆さんの元へ届く キレイな花の為に
小さな芽やツボミは取り去られること。

一番 ステキちっくな状態で 皆さんにお会いできるよう
毎日 小さな積み重ねを経て…

表現が下手だけれど。
とっても小さな花や葉にも
息を吹き込んでいる方々です。


ここまで お話してよいのか分かりませんが…^^;
なんで こんなに値段がするのかな? って
時々 花屋さんで思われませんか?


花は 趣味的なものなのだろうけど
生活にそんな余裕はないのだけれど

うーーーん。。。 段々???になってきた! ぶ。


生きるために 花や葉もがんばってる!
すごく偉そうではございますが、
その一片の命を考えると 
花に関わらず 「ひとつ」を大切にしなければならい。
だから
がんばって たくさん勉強しなければならい。
デザインとかの話ではなく…
本当… 小さな 初めの初めのことを。

その場所へ行き 初めて実感すること、
たくさんたくさん ありました。
だから また。
何時の日か 機会があれば
色んな草花を見たい。 そう思った。



ひとつ スッとなる花になるまで
本当に 小さな積み重ねや試行錯誤があること。


人だけではなく。

花や葉や虫や…
みんな みんな 
生きていこうと。
生きぬこうと。
生きつづけてみせようと。


それぞれが 生きていこうと がんばってる。


そう思う2日間でした。
(当たり前のことで すみません…)



以下 道端での撮影。


道のアジサイ



つい。 持って帰りたい気持ちに(笑



。。。



帰り道。



デジカメにて。
こちらはデジカメにて。




これから どこかへ届く花、
見つかる前に切られ処分されてしまう前に
咲き誇ろうと頑張ってる花達の写真です。


みんな。 一生懸命なんだ。


ありがとうございました!





花移動販売、福島県郡山市 2

2007.05.01 Tuesday 09:52
気づけば また 朝。
2回目をアップしようとしてたのに...ダメです、私。


1日目夜、すずきさんが連絡をくださいました。
たまたま お話が出たそうで
カンケさんがもしかしたら..とのことでした。
返信している途中、寝てしまい
気づけば またまた 朝。
急がなくっちゃ!と住所をお伝えしました。


帰った次の日に到着した 大きな封筒は
カンケさんからのお便りでした。
全80枚の写真に 一枚の手紙、
胸がいっぱいになった。

本当だったんだ..
普段見ることのできない 自分達がいっぱいで
言葉になりません、
ひとつ また ここにいた という 大切な思い出をくださいました。
(以下 カンケさんの写真達)



空に花束、福島県郡山市へ。



そらとはな


その時は わからない何か


お昼。


ありがとう。


ありがとう。


ありがとう。



ありがとう。


↑できそうな後ろ姿だねと 家族みんなが笑い転げる。


ひとつひとつが思い出なんだって
教えてくれた 私の宝物。


すずきさん カンケさん ありがとうございました。
そして 応援してくだった方がいなければ
実現することのなかった 空下花屋です。

花の仕事をしている方々が書かれているブログが集まったhananikki
私は ここでたくさんの方に出会いました。

ひとつひとつ ゆっくりでいいから前に進めれば...
今回、千葉から持っていった花は
出会った方々のお花を... そう決めていました。

それは...

本当はすごく 心細かったのです。

最初の一歩、
出会えた方々の花を出来る限り一緒に..

応援してくれてるような気がして
花を見るたびに がんばろう! そう思ったのは本当。
強風や雨で 痛んでしまったこともありましたが
私の強い支えとなりました。


うまく言えないけど

小さなことが その人の記憶に刻まれること、
花を通して いろんな人に出会えること
ちょこっとでも 架け橋になれれば...
その人の手に花を。
いつ 空に花束が終わっても悔いのないよう
過ごさなければいけない。
ココロはいつだってそう思っています...

2日間 終えて思ったこと。
(偉そうにすみません...)




ありがとうございました。
(カンケさんからいただきました。)




倒れても 倒れても 起き上がれるよう...



ありがとう。




福島での花達:(分からない方もいらっしゃいます)
デルフィニウム・カーネーション・ヒペリカム
バラ(アバンガード、千葉県 JA君津さん)
トルコキキョウ(アンバーライトブラウン、長崎県 ながさき県央 諫早中央)
すずめうり(沖縄県 沖縄北部花卉園芸組合さん)
ガーベラ(アイライン、ベビードール、セリーナ)
(静岡県 遠州中央農協、JA大井川さん、和歌山県JA紀州中央さん)
ナルコユリ(静岡県)
ソルフィスラベンダー・ケール(千葉県 草花園さん)
バラ(ミミエデン、リトルマーベル 神奈川県 鈴野バラ園さん
ブプレニウム(福島県 花職人Aizuさん
ホワイトレースフラワー(千葉県 金井園芸さん
ラムズイヤー(千葉県 折原園芸さん
バラ(ジャニーヌ 新潟県 花プランさん

リンクをすみません...






| 1/1PAGES |

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

profile

 ABOUT

千葉県柏市で花屋を
運営してました。
ひょんなきっかけで
 2014年8月、新潟の鉢物農家へ嫁ぎ、 新天地ココ新潟での農家ナ出来事や花屋を再開するべく
日々思ウこと、泣き笑い日記です。


花屋 空に花束


selected entries

                                                     

 thanks







others