開きかけの花に どれだけ の。

2013.02.07 Thursday 21:58

いつの日かの空を。
「いつかの日の空を」


ってね…、↑、
覚えてるよ、
忘れもしない1月始めん空です。


今日はヒサカタブリ
一日 花と共に。

嬉シかーっ
 
言葉、悪いかもだけど、
「すっげぃ ナ!!」って思った日、改めて。


少し 花から離れて過ごした時間、
(ホンノスコシダロウケレド…)
それからサ
なんのコト思いもしてないのに
目の前にある花に
随分と魅入る。

違うさね、、

明らかに自分の目が違うさねー?
ドシタンだろ??って しばし考えルさね、
でも 解らないさね。

    ワハ。


ゾンブンに感じ理解した。
ひとつの中に全て納まり
贅沢していたこと、

その狭い部屋(店)で
コト足りていた自身に。
置き場の引越しも
早々に終わるワケもない、
なんせ ひとつひとつの移動、片付けが大変で…

だから
 デ?、 ナニ?という感じだが

すぐ手に取れていたものが
 あれ?あれ?って^^


そうだよ、始まりの時のコト思い出したよ


「あー、そうやってたよね?」
「オアシスはココでこうして…」
とかさ、
ホント 何気ない一瞬のコト、
フイと思い出した情景?光景があった、

空花始めたての頃、
自分の部屋で作った あのスタンド花の日。

あれから
随分と経ち
今 こうして いられる私に
どんくらい?どれだけの感謝を。

ア、…、
もちろん いつもの(汗)ヒトリヨガリですが^^;

赤いバラを左右対称に並べ
時々 悩んで 部屋ん床葉や茎だらけ、
何故かしらん、ソレがいつも頭ン中にある。

寒い外、
 ストーブ焚いて作ってた楽屋花、
忘れずに ココにある。

かと言って

贅沢になってる自分に
「なにしてるん?」って問いかけて。



まっすぐ、
今 すごく 嬉しい。


ありがとう。





空に花束ウェブサイトはコチラ←から



















calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

profile

 ABOUT

千葉県柏市で花屋を
運営してました。
ひょんなきっかけで
 2014年8月、新潟の鉢物農家へ嫁ぎ、 新天地ココ新潟での農家ナ出来事や花屋を再開するべく
日々思ウこと、泣き笑い日記です。


花屋 空に花束


selected entries

                                                     

 thanks







others